ヨルダン軍、麻薬密輸業者27人の殺害を発表 武装集団が護衛、シリアから入国はかる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヨルダン軍が押収した麻薬=27日/Jordan Armed Forces

ヨルダン軍が押収した麻薬=27日/Jordan Armed Forces

軍の統計によると、2021年に押収された薬物は、20年の2倍に増大した。1月の押収量は月間で過去最多を記録する見通し。シリアからヨルダンに持ち込まれて押収された覚醒剤のカプタゴン錠は今月だけで500万錠を超えた。

カプタゴンは中東でアンフェタミンやメタンフェタミンの代用として使用される覚醒剤で、欧州連合(EU)と国境を接する一部の国でも使われている。もとは精神刺激薬フェネチリンを含有する医薬品の商品名だったが、今は合法的な製造は行われていない。しかし欧州の薬物監視当局によると、カプタゴンという名称の薬物は中東で頻繁に押収されている。

ヨルダン当局は、過激派組織イラク・シリア・イスラム国(ISIS)がテロ行為の資金とする目的でこの薬物を製造して売りさばいていると指摘。米国は15年、ISISが戦闘員にこの薬物を支給していると述べていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]