米兵8500人、東欧派遣に備え警戒態勢 ロシアとの緊張高まる中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイデン米大統領。オースティン国防長官が大統領の指示で派遣準備命令を出した/Chip Somodevilla/Getty Images

バイデン米大統領。オースティン国防長官が大統領の指示で派遣準備命令を出した/Chip Somodevilla/Getty Images

高官によると、バイデン氏は大統領山荘での22日のブリーフィングで、バルト諸国や東欧に展開する兵力を増強する選択肢について軍幹部と話し合ったという。

東欧増派の目的は抑止力を提供して同盟国を安心させることにあり、米兵がウクライナに展開したり、戦闘任務に就いたりすることは示唆されていない。カービー氏は、米国はウクライナに軍事顧問を派遣していると指摘した。

米国はロシアによるウクライナ侵攻が差し迫っている可能性があると警告している。国務省は23日、ウクライナ首都キエフにある米国大使館の人員を縮小。緊急業務に従事しない職員やその家族は「慎重を期して」出国した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]