新型コロナとインフルの同時感染、イスラエルで初確認 その影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イスラエルで新型コロナウイルスとインフルエンザに同時感染した患者が初めて確認された/Kobi Wolf/Bloomberg via Getty Images

イスラエルで新型コロナウイルスとインフルエンザに同時感染した患者が初めて確認された/Kobi Wolf/Bloomberg via Getty Images

イスラエル・ベングリオン大学公衆衛生校のナダブ・ダビドビッチ学部長は4日、CNNの取材に対し、「現在はインフルエンザの活動も新型コロナの活動も非常に活発なことから、両方に感染する可能性はある」と指摘。「それが普通になるとは思わないが、考慮する必要はある」とした。同氏は新型コロナウイルスに関するイスラエル国家諮問委員会の委員を務める。

新型コロナの世界的流行が始まった当初はロックダウン(都市封鎖)やマスク着用などの対策が徹底され、インフルエンザの症例は極めて少なかった。しかしそのために今年は感染しやすい状態にあり、経済活動も再開されていることから、症例数は増加が見込まれる。

ただ、基礎疾患がなく、インフルエンザと新型コロナの両方のワクチンを接種している人については、それほど重大な影響はなさそうだとダビドビッチ氏は予想している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]