チリ次期大統領に左派のボリッチ氏 元学生リーダーの35歳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガブリエル・ボリッチ氏(35)。大統領選の決選投票で当選確実となった/Esteban Felix/AP

ガブリエル・ボリッチ氏(35)。大統領選の決選投票で当選確実となった/Esteban Felix/AP

(CNN) 南米チリで19日に行われた大統領選挙の決選投票で、右派候補のホセ・アントニオ・カスト氏(55)が敗北を認め、左派のガブリエル・ボリッチ氏(35)の勝利が確実になった。

元学生リーダーのボリッチ氏は、チリが1990年に民政に復帰して以来、最年少の大統領となる。

開票率99.95%の時点でボリッチ氏は55.87%の票を獲得し、カスト氏の44.13%を上回った。

カスト氏は19日夕、「ガブリエル・ボリッチと話をして、彼の偉大な勝利に祝意を伝えた」「今日から彼は選挙で選ばれたチリの大統領だ」とツイートした。

ピニェラ大統領も国営テレビでボリッチ候補の勝利を祝し、ボリッチ氏は次の大統領として最善を尽くすと表明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]