15歳少女が出産中に死亡、コロナで深まる児童婚の闇 ジンバブエ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Tアフリカ・ジンバブエで未成年が結婚させられる児童婚に対する批判の声が強まっている/Nyasha Chingono

Tアフリカ・ジンバブエで未成年が結婚させられる児童婚に対する批判の声が強まっている/Nyasha Chingono

(CNN) アフリカ南部ジンバブエで15歳の少女が出産中に命を落とし、未成年が結婚させられる児童婚に対する批判の声が強まっている。新型コロナウイルスの影響で、10代の結婚は増えているという。

15歳だったアナ・マチャヤさんは今年7月、教会の神殿で出産中に死亡した。夫で教会員のハティララミ・モンベルメ容疑者(26)は、その後警察に逮捕された。

自身も10代で母親になった友人のフェイスさんは言う。「彼女の死は大きなショックだった。もし自分だったらどうなっていただろうと思った。私は生きていられて幸運だった。同じ場所で出産したので、何が起きてもおかしくなかった」

マチャヤさんの死をきっかけに児童婚に対する抗議の声が高まり、何千人もの署名が集まった。ジンバブエでは法律で禁止されているにもかかわらず児童婚の習慣が根強く残っており、活動家の多くはこの習慣を露呈させたいと願う。

運動団体によると、同国の少女は3分の1以上が18歳になる前に結婚し、5%は15歳になる前に結婚している。

児童婚に対する批判が高まる中で、警察はモンベルメ容疑者とマチャヤさんの両親を逮捕した。

モンベルメ容疑者は強姦(ごうかん)罪に問われ、両親はマチャヤさんの実年齢を隠すために警察に虚偽の身分証明書を提示したとして司法妨害の罪に問われている。

当局によれば、両親はさらに、9歳の子どもをモンベルメ容疑者に与える約束をしていたとされる。

警察はCNNの取材に対し、「関係者は口を閉ざし、特にあの教会でどんな活動が行われていたのかについて覆い隠そうとしている」と語った。

マチャヤさん一家の弁護士は、CNNの取材に対して事件に関するコメントを避けている。

運動団体によれば、昨年は新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)のために女子生徒の多くが外出できなくなって、10代の結婚が増えたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]