「ホテル・ルワンダ」のモデルに禁錮25年、テロ関連の罪

ポール・ルセサバギナ被告。禁錮25年の刑が言い渡された/Getty Images

ポール・ルセサバギナ被告。禁錮25年の刑が言い渡された/Getty Images

(CNN) アフリカ東部ルワンダの裁判所は20日、映画「ホテル・ルワンダ」のモデルとなったことで知られるポール・ルセサバギナ被告に対して、禁錮25年の有罪判決を言い渡した。同被告はテロに関連した罪に問われていた。

今回の判決は、テロ組織「MRCD―FLN」に対する裁判の一環。ルセサバギナ被告は他の20人とともにテロ行為の罪に問われていた。ルワンダ政府の声明によれば、2018年に起きた2つの組織的な攻撃について特に焦点が当たっていた。攻撃によって9人が死亡した。

ルセサバギナ被告の娘のカリーヌ・カニンバさんはCNNの取材に対し、家族は有罪判決が出て、長期間にわたって収監されるとみていたと述べた。同国のカガメ大統領が過去20年間にわたって父親の口を封じようとしていたとし、今回25年にわって口を封じることに成功したと語った。

カンバニさんはCNNに対し、父親の基本的人権はルワンダ政府によってすべて破られたと述べた。

ルワンダ政府の報道官は有罪判決を受けて、今回の長期間にわたる裁判によってルセサバギナ被告が率いるFLNのテロ行為が明らかになったと述べた。

世界の刑事裁判を監視する団体「クルーニー・ファンデーション・フォー・ジャスティス」は本件を見せしめの裁判と指摘し、公正さの十分な保証がなかったと言及。「訴追証拠が明かされても反論の機会がなかった。ルセサバギナ氏の年齢と健康状態の悪さを考えると、この厳しい判決は死刑判決に等しいだろう」と述べた。

ルセサバギナ被告は、ルワンダで虐殺が起きた際、自身のホテルに数百人をかくまって命を救ったことで知られる。この出来事を基に、映画「ホテル・ルワンダ」が制作された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]