カブール国際空港付近で2度の爆発、米国人やアフガン人に被害

カブール国際空港付近の爆発で上がる煙=26日/Wali Sabawoon/AP

カブール国際空港付近の爆発で上がる煙=26日/Wali Sabawoon/AP

(CNN) 米国防総省のカービー報道官はアフガニスタン首都のカブール国際空港付近で26日、2度の爆発があったことを確認した。

1度目の爆発は空港の「アビーゲート」付近、2度目も空港付近でバロンホテルまたはその近辺としている。

カービー氏によると、アビーゲート付近の爆発では多数の米国人や市民の被害者が出たという。


この件に詳しい当局者や情報筋によると、負傷者の中には複数人の米軍要員がいるとの初期報告が上がっているという。

米当局者3人によれば、1度目の攻撃は自爆攻撃だったとみられる。

空港の各ゲートには空港内に入ろうとする大勢のアフガニスタン人の群衆が集まっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]