習主席、共産党100年で演説 中国をいじめる外国は「鉄の長城」に直面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国共産党、結党100周年で記念式典

北京(CNN) 中国の習近平(シーチンピン)国家主席は1日、中国共産党創立100年を記念する式典で演説し、中国の継続した安定を確保できるのは同党のみだとの認識を示した。党と国家を切り離すいかなる試みも失敗に終わるとしている。

習氏はこの中で「共産党がなければ新しい中国はない」と述べた。

習氏は天安門広場に詰めかけた7万人とも報じられる観衆を前に、国家主義的な色彩の強い演説を実施。中国が外国から「いじめや抑圧、服従」を受けることはもうないと述べると、拍手喝采が上がった。

そのうえで習氏は「それを試みる者は誰であれ、14億人を超える人民が築いた鉄の長城に衝突することになる」と強調した。

習氏の演説は首都・北京で開催された午前の式典の最後を飾るものとなった。このほか、愛国的な歌の演奏や当局者の演説、中国人民解放軍空軍による上空飛行も行われた。

中国共産党は1921年7月、上海フランス租界の小さなレンガ造りの家に集まった十数人の代表者によって結成された。結党メンバーである毛沢東元国家主席の時代には、長引く飢饉(ききん)と政治危機で数百万人の餓死者を出したこともあるが、今日の中国は世界2位の経済大国となっており、米国に追いつく構えだとの観測もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]