アストラゼネカ製ワクチン、独仏西伊も一時停止を発表

独仏西伊、アストラゼネカ製ワクチンの接種停止

ロンドン(CNN) 英アストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発した新型コロナウイルスワクチンの接種後に血栓ができたとの少数の例が報告されたことを受け、スペイン、ドイツ、フランス、イタリアの欧州4カ国が15日、相次いで同ワクチンの使用を一時停止すると発表した。

スペインのダリアス保健相は15日のテレビ会見で、アストラゼネカ製ワクチンの使用を2週間見合わせると発表。欧州医薬品庁(EMA)がリスクを見極めるまでの「一時的な予防措置」だと説明した。

ドイツ当局は当初、ワクチンの安全性を強調していたが、シュパーン保健相が同日、デンマークとノルウェーからの血栓症の報告を受けて念のため使用を停止すると述べた。

デンマークでは女性1人が死亡したが、ワクチンとの関連は確認されていない。さらにノルウェーでも15日、接種後に血栓と出血、血小板減少を認めた重症者1人の死亡が報告された。

フランスのマクロン首相は15日の記者会見で一時停止を発表する一方、EMAが認めれば近いうちに再開するとの見通しを示した。

これに先立ち、イタリアでは男性1人がワクチン接種後に死亡したとの報告を受けて、検察当局が特定のバッチ(製造の単位)の押収を命じた。同国の医薬品庁も同日、「一時的な予防的措置」として使用停止を発表した。

欧州では14日までに、新たにアイルランドとオランダも使用を停止していた。オランダのフーゴー・デ・ヨング保健相は数日前に懸念を打ち消していたが、政府は「予防的」措置として、2週間の使用停止に踏み切った。同国では接種後に血栓ができた症例が10件報告されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]