韓国で感染者急増、初のロックダウンの可能性も

保護具を着用して来訪者を案内する新型コロナウイルス検査場の係官=16日、韓国ソウル/JUNG YEON-JE/AFP/AFP via Getty Images

保護具を着用して来訪者を案内する新型コロナウイルス検査場の係官=16日、韓国ソウル/JUNG YEON-JE/AFP/AFP via Getty Images

ソウル(CNN) 新型コロナウイルス感染対策の模範例とされてきた韓国で、このところ感染者が急増している。保健当局者らは、今まで回避してきたロックダウン(都市封鎖)が必要になる可能性もあると警告する。

韓国は積極的な検査体制や接触追跡が功を奏し、感染を抑制したとして世界保健機関(WHO)からも称賛されていた。

だが米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、感染者は11月中旬から増え続けている。15日の新規感染者は1078人と、過去最高を記録。重症者は226人、死者12人と報告された。首都ソウルの市長代理は16日、集中治療室(ICU)78床のうち77床が新型ウイルス感染症の患者で埋まっていると指摘した。

保健当局者らは「過去最大の危機」との見方を示す。保健省の高官は16日、人口の約半分が集中する首都圏の住民に対し、対人距離の確保を徹底するよう訴えた。

首都圏の警戒レベルは現在「2.5」。これを事実上のロックダウンとなる「3」まで引き上げるかどうかが検討されている。同高官は、「そうなれば中小企業や自営業に悪影響が及ぶ」と警告した。

景福宮で除雪作業にあたる作業員/ED JONES/AFP/AFP via Getty Images
景福宮で除雪作業にあたる作業員/ED JONES/AFP/AFP via Getty Images

レベル3では学校や教会がオンラインへの移行を強いられる。

すでに先週から接触追跡に軍と警察が動員され、首都圏の検査センターは夜間や週末の対応を開始した。

韓国疾病管理庁のトップ、鄭銀敬(チョンウンギョン)氏は、今回の「第3波」はこれまでの2回とは違うと述べ、パンデミックが始まってから「最大の危機」に見舞われているとの認識を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]