土砂崩れで11人死亡、20人行方不明 ネパール

土砂崩れの現場に集まった救助隊や住民=シンドゥパルチョーク郡/NIROJ CHAOULAGAIN/AFP via Getty Images

土砂崩れの現場に集まった救助隊や住民=シンドゥパルチョーク郡/NIROJ CHAOULAGAIN/AFP via Getty Images

(CNN) ネパール東部のシンドゥパルチョーク郡バラビセで13日、豪雨による土砂崩れがあり、政府によると少なくとも11人が死亡、20人が行方不明になった。

この土砂崩れで民家11棟が破壊され、5人が負傷。現場には捜索救助隊や住民が集まり、行方不明者の捜索活動を続けている。

ネパールやインド、バングラデシュでは、8月にモンスーンの大雨による大規模な洪水や土砂崩れが相次いでいた。

シンドゥパルチョーク郡は中国との国境付近に位置する。今年に入って土砂崩れが相次ぎ、災害対策当局によると、17回の土砂崩れによって少なくとも55人が死亡した。

住民や救助隊が捜索活動を行う様子=シンドゥパルチョーク郡/NIROJ CHAOULAGAIN/AFP via Getty Images
住民や救助隊が捜索活動を行う様子=シンドゥパルチョーク郡/NIROJ CHAOULAGAIN/AFP via Getty Images

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]