韓国、殺人容疑の男2人を北朝鮮に送還 漁船の16人殺害した疑い

韓国が殺人容疑の男2人を北朝鮮に送還した/Shutterstock

韓国が殺人容疑の男2人を北朝鮮に送還した/Shutterstock

ソウル(CNN) 韓国統一省は、日本海上で拘束した北朝鮮の男2人がイカ釣り漁船の乗員16人を殺害していたことが分かり、北朝鮮に強制送還したと発表した。

韓国統一省の報道官によると、北朝鮮に送還されたのは20代の男2人で、今月2日に南北の境界を越えて北方限界線(NLL)付近で拘束された。

当局が合同捜査を行った結果、2人は日本海で操業していたイカ釣り漁船の乗員16人を殺害して逃走していたことが判明。北朝鮮に5日、2人を送還する意図を伝えたところ、翌日になって北朝鮮側が受け入れを表明し、板門店経由で送還された。

韓国政府は、2人が重大な犯罪を犯しており、もしも韓国への亡命を受け入れれば韓国人の安全が脅かされないとして、亡命の資格はないと判断した。

韓国統一省の報道官は「国際法の下では凶悪犯罪を犯した者は難民とは認められない。(韓国政府は)関係各局と協議して、強制送還を決めた」と説明している。

韓国の聯合通信が当局者の話として伝えたところによると、2人は10月下旬、過酷な扱いを受けたために激高してイカ釣り漁船の船長を殺害し、それに抗議した残りの乗員も1人ずつ殺害して、遺体は全て海に投げ捨てたと供述しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]