レバノンのハリリ首相が辞意、全国規模の反政府デモ受け

レバノンのハリリ首相が辞意、拡大する反政府デモ受け

レバノン・ベイルート(CNN) 中東レバノンのハリリ首相は29日、辞意を表明した。レバノンでは約2週間にわたって全国規模の反政府デモが起きていた。

ここ数カ月、レバノン経済は急速に悪化し、債務が拡大するなどしていた。

政府は今月17日に無料通話アプリへの課税や緊縮政策を提案したが、これが全国規模の反政府デモにつながり、国はまひ状態に陥った。

銀行や学校は12日間にわたって閉鎖され、抗議デモが主要な道路を封鎖した。

ハリリ首相の辞任表明を受けてベイルート市内では数十人のデモ参加者が歓声をあげた。政府の汚職に対する抗議が行われた27日のデモには数十万人が参加していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]