ジョンソン英首相の弟が辞任表明 家族と国益の間で「引き裂かれた」

ジョー・ジョンソン氏が閣僚と議員を辞職/Hannah McKay/Reuters

ジョー・ジョンソン氏が閣僚と議員を辞職/Hannah McKay/Reuters

(CNN) 英国のボリス・ジョンソン首相の弟、ジョー・ジョンソン氏が5日、議員を辞職して閣僚も辞任すると表明した。

ジョー氏はジョンソン内閣で大学担当大臣を務めていたが、「この数週間、私は家族の忠義心と国益の間で引き裂かれてきた」とツイッターで心情を吐露した。

英国の欧州連合(EU)離脱を巡ってジョー氏が辞任するのはこれで2度目。昨年11月にも、ジョー氏はメイ前首相がEUとの交渉でまとめた離脱案に賛成できないとして辞任していた。

2016年の国民投票では、兄のボリス氏がEU離脱に賛成したのに対し、ジョー氏は残留を支持していた。

英下院は4日、総選挙の前倒しを求めるジョンソン首相の提案を否決するとともに、EUからの「合意なき離脱」を阻止する法案を可決していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]