中国戦闘機、東シナ海でカナダ艦に接近 国営メディア「温かい歓迎」

カナダのフリゲート艦「レジャイナ」。2013年1月11日に太平洋上で米軍艦と演習時の様子/MC2 David Hooper/U.S. Navy

カナダのフリゲート艦「レジャイナ」。2013年1月11日に太平洋上で米軍艦と演習時の様子/MC2 David Hooper/U.S. Navy

香港(CNN) 東シナ海の公海上で今週、中国の戦闘機2機がカナダ軍艦に接近したことが分かった。この件を報じた中国国営メディアは「温かい歓迎」と形容している。

カナディアン・グローバル・アフェアーズ・インスティテュート(CGAI)の研究員、マシュー・フィッシャー氏によると、接近は24日に発生。カナダのフリゲート艦「レジャイナ」が上海沖の公海上にいた際、中国のSu30戦闘機が船首から300メートル以内を飛行した。高度は海面から約300メートルだった。

レジャイナの艦長はフィッシャー氏に対し、中国機が危険を及ぼしたわけではないと説明したという。ただ、これまでの接近事案は数キロ離れており、今回の接近はカナダ海軍が目撃した中で最も攻勢の強いものだったとフィッシャー氏は指摘している。

中国のSu30戦闘機。2016年に太平洋上を飛行する様子/PLA Air Force/PLA Air Force/PLA Air Force
中国のSu30戦闘機。2016年に太平洋上を飛行する様子/PLA Air Force/PLA Air Force/PLA Air Force

レジャイナはベトナム寄港後に南シナ海と台湾海峡、東シナ海を航行しており、中国側は同艦と補給艦の動向を注視していた。

中国国防省の報道官は27日、カナダ艦が航行していたことを確認。「我々はカナダ艦による台湾海峡通過に関して明確に把握しており、全プロセスにわたり監視していた」と明らかにした。

中国国営の環球時報は同日、「微博(ウェイボー)」の公式アカウントに事態をやゆしたとみられる内容を投稿し、「カナダ艦は我が人民の海空軍から温かい歓迎を受けた」と伝えている。

カナダや日英仏を含む米国の同盟・パートナー国は今年、艦船の南シナ海派遣や台湾海峡通過を実施していた。

中国とカナダの間では、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)が昨年12月にカナダで逮捕された件を受け、緊張が高まっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]