ジョージア大統領、「ロシアは敵」 ロシア側は航空便禁止の措置

ジョージア首都トビリシの国会議事堂前に集まった市民=6月20日

ジョージア首都トビリシの国会議事堂前に集まった市民=6月20日

(CNN) ロシア国営タス通信は21日、プーチン大統領がジョージアに向かう航空便の運航を来月から一時禁止するよう命じたと伝えた。ジョージアでロシア議員の訪問に抗議するデモや発言があったことを受けた措置。

プーチン氏はジョージアに一時滞在するロシア国民の帰国も命じたという。

ジョージア行きの便の運航禁止措置は7月8日から実施される。タス通信によると、ロシアの航空会社に対し、ロシア連邦領土からジョージア領土への国民の航空便での輸送(商用便を含む)を一時的に禁止する内容。

ジョージアの首都トビリシでは20日、ロシア共産党のセルゲイ・ガブリロフ議員によるジョージア議会訪問に抗議する大規模デモが起きた。

タス通信によると、ガブリロフ議員は国会議事堂で開かれた各国議員の会合で議長席に座り、ロシア語で発言した。これにジョージアの議員が反発し、ガブリロフ議員が水をかけられる騒ぎになった。議事堂の外では抗議する市民が議事堂に侵入しようと試み、警察が催涙ガスを使用。小競り合いで負傷するデモ参加者も出た。

ジョージアのズラビシビリ大統領は、ロシアが内政干渉を行って国民の怒りをあおっていると主張。20日遅くにフェイスブックで「ロシアは我々の敵であり占領者だ。今日ではロシアに組織されたスパイの方があからさまな侵攻よりも危険かもしれない」と述べた。ただ、ロシア議員の行為を理由に「議会の襲撃や政府の転覆といった人為的にあおられた反政府行動は正当化されない」とも付言した。

ロシアは21日、一連の抗議を「絶対に容認しない」と表明。「ロシア嫌いの挑発」との見方を示した。ロシア大統領府のペスコフ報道官は「ロシア国民に敵対感情が向けられた事実は極めて懸念せざるを得ない」としている。

ジョージアは1991年までソ連を構成。近年はジョージアからの分離独立を主張するアブハジアと南オセチアへのロシアの支援をめぐり、同国との緊張関係にある。

ガブリロフ氏はRIAノーボスチ通信に対し、ジョージアのデモ隊から退去を求められた理由について、90年代にアブハジアの分離紛争に加わった疑いがかけられているためだとの見方を示した。ガブリロフ氏はロシア共産党の党員で、武力紛争に参加したことは一度もないとしている。

ジョージアとロシアの緊張関係は2008年8月、南オセチアでロシアが支援する分離独立主義者の動きを巡って高まった。当時、ジョージアのサーカシビリ大統領は自治を宣言する南オセチアの支配権を取り戻そうと軍隊を派遣。これにロシアが対抗し、ジョージア領土内まで戦車や兵士を展開した。

ロシアは南オセチアを独立国として承認している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]