離脱派候補にシェイクぶちまけ続発、警察がマックに販売中止要請 英

EU離脱派のデモで演舌するナイジェル・ファラージ氏=3月29日、ロンドン/Dan Kitwood/Getty Images Europe/Getty Images

EU離脱派のデモで演舌するナイジェル・ファラージ氏=3月29日、ロンドン/Dan Kitwood/Getty Images Europe/Getty Images

(CNN) 英国で欧州連合(EU)離脱強硬派の候補者が反対派の市民からマクドナルドのミルクシェイクをぶちまけられる騒ぎが相次いでいる。事態を受けてスコットランドでは候補者の集会に合わせ、警察がマクドナルドにシェイクの販売中止を要請した。

ブレグジット党のナイジェル・ファラージ党首は欧州議会選挙を控えた17日、スコットランドのエディンバラで集会を開いた。

しかし会場の近くにマクドナルドの店舗があったことから、警察はデモ隊がファラージ氏にぶちまける目的でシェイクを買うことを懸念、同店に販売中止を指示した。

きっかけは、極右候補のスティーブン・ヤクスリーレノン(別名トミー・ロビンソン)氏がマクドナルドのミルクシェイクをぶちまけられる動画が、ネットで拡散したことだった。

ヤクスリーレノン氏は数日後、別の集会でもシェイクをぶちまけられている。

CNNが確認したところでは、英国独立党のカール・ベンジャミン候補も19日にイングランドのソールズベリーでシェイクをぶちまけられ、別の集会でもミルクシェイクとフィッシュ&チップスを投げつけられた。

マクドナルドのエディンバラ店は17日、「警察の要請により、今夜はミルクシェイクやアイスクリームを販売しません」というお知らせを掲示した。

一方、競合するバーガーキングは「スコットランドの皆様。私たちは週末もミルクシェイクを販売します」とツイート。ただし「私たちは暴力を支持しません。私たちのおいしいミルクシェイクを無駄にすることも。良い週末を。皆さん、責任をもって飲みましょう」と付け加えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]