求む「自撮り常習者」 英陸軍の求人、若者の自意識にアピール

courtesy British Army

courtesy British Army

(CNN) 自撮り写真の常習者やゲームオタクの若者を募集――。英陸軍が、「スノーフレーク世代」と呼ばれる16~25歳の若者に的を絞った求人キャンペーンを開始した。

英陸軍の2019年版求人ポスターは、第1次世界大戦時代、「国が君を必要としている」とうたったポスターをもじって制作された。若者に対する偏見を逆手に取って、「自撮り常習者」の信念、「スノーフレーク(自意識が強くキレやすい若者を指す俗語)」の情熱、「フォトゾンビ」の集中力、「ゲーム熱中者」のやる気、「ひょうきん者」の精神、「何でも自分世代」の自信を前向きに評価している。

陸軍はこのキャンペーンの狙いについて、野心があるのに過小評価されていると感じている若者には、真の目的をもった有意義な仕事をやり遂げる潜在力があると位置付け、陸軍では「偏見を越えて若者の潜在力を見出す」ことができると訴えている。

ステレオタイプのレッテルを張られた若者が、海外の戦地に派遣され、人道援助に携わるビデオも制作した。深夜までゲームに没頭している若者の「スタミナ」や、動作が鈍く同僚にいじめを受けながらスーパーマーケットで働く若者の「完璧主義」「我慢強さ」をアピールし、職場で冗談ばかり言っている若者も、「やる気さえあれば機会はある」と呼びかける内容。

陸軍が昨年の求人で採用できた人数は、目標に届かなかった。訓練を修了した兵士の数は、8万2500人の目標に対して7万7000人にとどまっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]