インドネシア津波の死者222人に 警報なし、民家やリゾート直撃

インドネシアで津波、死者200人超

(CNN) インドネシアで22日夜に発生した津波は、住宅地やリゾート地を直撃し、これまでに222人の死亡が確認された。事前の警報はなく、負傷者は数百人、行方不明者は20人以上に上っている。

ジャワ島の海岸に面したビーチリゾートでは、地元ポップバンドのコンサートが開かれていた会場が津波に襲われ、ステージが押し流されて観客らが下敷きになった。

同バンドのリードボーカルの男性は、インスタグラムに投稿したビデオで、バンドのメンバー1人とマネジャーが死亡したと涙ながらに語った。ほかにもメンバー3人と、このボーカルの男性の妻が行方不明になっているという。妻は23日が誕生日だった。

国家安全対策当局によると、負傷者は843人、行方不明者は28人に上っている。

住宅は少なくとも558棟が破壊され、ホテル9軒と飲食店60軒、ボート350艇に大きな被害が出た。

23日現在、外国人が死傷したという情報は入っていない。

インドネシアの気象当局によると、今回の津波はジャワ島とスマトラ島の間のスンダ海峡にあるクラカタウ火山の噴火によって発生したと思われる。

クラカタウ火山は1883年に起きた大噴火で、3万6000人以上の死者を出していた。

インドネシアでは2004年の12月26日に起きた津波で数十万人が死亡した。それにもかかわらず津波警報の設備が整備されておらず、今回の津波に対しても警報は出されなかった。

気象当局者は、津波は高潮に比べて速度が速く予測が難しいと述べ、「津波は地震に続いて起きるものだが、今回は地震がなかった」「だから警報も出なかった」と話している。

赤十字国際委員会などによると、犠牲者はさらに増える見通し。赤十字や国連世界食糧計画(WFP)が被災者支援活動を行っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]