インドでジカ熱流行、32人の感染確認

インドで蚊が媒介するジカ熱の流行がかつてない規模で広がっている/Reuters

インドで蚊が媒介するジカ熱の流行がかつてない規模で広がっている/Reuters

ニューデリー(CNN) インドで蚊が媒介する感染症、ジカ熱の流行がかつてない規模で広がっている。北部ラジャスタン州の州都ジャイプールでは、これまでに32人の感染が確認された。

最初の患者は9月23日、ジャイプール市内の主要観光地に近い地域で確認された。同国保健相は専門家チームをジャイプールに派遣して状況を調べ、対策支援に当たっている。

ラジャスタン州の衛生当局は、感染の疑いがある患者の数は推定できないとしている。最初の患者が確認された地点から半径3キロ以内に住む住民については、毎日全員の検査を行い、陽性反応が出た場合は報告しているという。

感染した疑いがある人についても検査を行うと同時に、同地の蚊を採集して調査を続け、啓発活動にも力を入れている。

世界保健機関(WHO)によると、インドでは2017年1月にもアーメダバードで3人の感染が確認された。地元メディアの報道によれば、同年7月には南部のタミルナドゥ州で男性1人に陽性反応が出た。いずれも感染の拡大は食い止められている。

ジカ熱はブラジルで2015年3月からの大流行が発生し、中米や南米にも拡大した。米疾病対策センターは2018年3月の時点で、少なくとも90カ国・地域でジカ熱の感染が起きていると推定していた。

ジカ熱はネッタイシマカが媒介する感染症で、感染したとしても症状が出ない場合も多い。しかし妊婦が感染すると、先天性小頭症や視覚、聴覚などに障害をもつ子どもが生まれる可能性がある。現時点でジカ熱を予防できるワクチンは存在しない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]