インドネシア・スラウェシ島の地震、死者384人に

インドネシアの地震、津波が押し寄せる様子

ジャカルタ(CNN) 28日にインドネシア・スラウェシ島を襲った地震で、死者数が少なくとも384人に上ることがわかった。沿岸には津波が押し寄せ、住宅を押し流す被害が出た。

マグニチュード(M)7.5の地震の後、震源近くのパル市では津波が建物に押し寄せた。同市内では540人以上が病院で手当てを受けた。29人が行方不明で、がれきに閉じ込められている人もいる。

写真特集:スラウェシ島で地震と津波の被害

災害対応当局の報道官によると、死者数は今後さらに増加する恐れがある。また、電気や通話網は寸断され、パル市内や近隣のドンガラの被災地域の状況把握が困難になっている。ある病院は建物が損壊し、病院の外で診察を行っているという。

病院の外で治療を行う医師ら=29日/MUHAMMAD RIFKI/AFP/Getty Images
病院の外で治療を行う医師ら=29日/MUHAMMAD RIFKI/AFP/Getty Images

パル市にある病院の幹部の男性医師はツイッターで、病院に電気が来ておらず、テントや医薬品、看護師が必要だと訴えた。

当局は余震の恐れがあるとして、住民らに建物の中に入らず、屋外の広場や道路、庭などで眠るように呼び掛けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]