世界最長の海上橋「港珠澳大橋」<3> 3都市の未来は

海上橋が結びつける3都市の未来に注目が集まっている

海上橋が結びつける3都市の未来に注目が集まっている

(CNN) 全長55キロの世界最長の海上橋「港珠澳(こうじゅおう)大橋」は、中国の珠海(しゅかい)市と、2つの特別行政区、香港とマカオを結ぶが、香港の民主化を支持する無所属議員、クラウディア・モー氏は、香港はすでにこの橋に金をかけすぎていると考えている。

前回「世界最長の海上橋『港珠澳大橋』<2> 無用の長物?」はこちら

港珠澳大橋管理局の情報によると、主橋の総工費は75億6000万ドルで、香港はそのうちの13億8000万ドルを負担する。

また香港の運輸及房屋局の広報担当によると、さらに橋の中継地点である香港口岸人工島や橋から人工島に通じる道の建設にも莫大な費用がかかり、香港の総負担額は90億ドルを超えるという。

香港は橋の大部分の建設費を負担しているが、橋の建設のメリットはそう多くない、とモー氏は指摘する。

荒波

この橋は、当初から批判にさらされてきた。世界自然保護基金(WWF)や香港海豚保育学会などの環境保護団体は、橋の建設は、窮地に立つ香港のシナウスイロイルカをさらなる危険にさらしていると批判する。

これに対し香港路政署は、「インフラの位置や配置はシナウスイロイルカの主要な活動領域を避けるよう慎重に決定されている。また工法も海洋環境への影響を最小限に抑えるために慎重に選択されている」と反論する。

さまざまな障害により、当初2016年に予定されていた橋の開通はさらに遅れ、果たして橋は本当に完成するのかと疑問の声を上げる人もいる。

しかし、橋の本工事は完了し、当局者らは税関手続き、検問所の運営方法に関する計画の策定、緊急救援活動の責任の決定、通行料の交渉など、プロジェクトの最後の仕上げを行っている。

制限速度は時速100キロに設定された。また車両の通行は、各都市の運転スタイルに合わせて橋の中国側では右側通行、香港・マカオでは左側通行となる。

今は無人のこの高速道路も、向こう数カ月以内に中国、香港、マカオ間を行き交う車やバス、トラックであふれるだろう。

3都市の接続性の向上は中国のグレーターベイエリアをさらなる高みに引き上げるのだろうか。そして、橋の完成で香港とマカオがどの程度中国の強力な影響下に置かれるのだろうか。橋の完成後もこの地域から目が離せない。

連載終わり

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]