移民男性が救助の男の子、父親は「ポケモンGO」で帰宅遅れ

まるでスパイダーマン、壁を登って男の子を救出

(CNN) フランス・パリの集合住宅でバルコニーから転落しそうになっていたところを移民男性に救助された4歳の男の子について、パリ検察は、父親が「ポケモンGO」のゲームをしていて帰宅が遅くなっていたことを明らかにした。

西アフリカ・マリ出身の移民マムドゥ・ガッサマさん(22)は26日、男の子がバルコニーからぶら下がっている姿を目撃してビルの外壁をよじ登り、男の子を無事救助。この功績が認められてフランス市民権を贈呈され、パリ消防署はガッサマさんを採用したいと申し出ていた。

ガッサマさんは29日、パリ消防署を訪れ、CNNの取材に「ものすごくいい気分」と話している。

検察が28日、CNN系列局BFMに語ったところによると、父親は男の子を1人で留守番させて買い物に出かけ、戻る途中でポケモンGOをやり始めたために帰宅が遅くなったという。

母親はインド洋のフランス領レユニオン島在住で、父親がパリで男の子の面倒を見ていた。

男の子の父親は、保護者としての責任を遺棄した罪に問われ、2年以下の禁錮を言い渡される可能性がある。判決は9月に言い渡される見通し。

男の子は、父親が拘束されている間、一時的に保護されていたが、29日までに父親の元に戻った。

BFMによると、ガッサマさんは西アフリカのマリからブルキナファソやナイジェリアを経由してリビアに到達。過密状態のボートで地中海を渡り、フランスにたどり着いていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]