同意なしセックスがレイプ犯罪に、スウェーデン新法

トーチを持って#MeToo運動への支持を訴える人々=2018年1月、ストックホルム

トーチを持って#MeToo運動への支持を訴える人々=2018年1月、ストックホルム

(CNN) スウェーデンで27日までに、相互の同意なしに性的行為に及ぶことをレイプと規定する法案が賛成257票、反対38票の票差で可決された。今年7月1日に発効する。

同意なしのセックスを犯罪行為と定めた欧州諸国としては10カ国目となる。

スウェーデンの法案は、明確な口頭もしくは身体的な表現でセックス行為に応じる意思表示が必要とし、無言はもはや承認を意味するものとして受け止められないとした。同法の発効後、検察当局は有罪に持ち込むため暴力もしくは威嚇行為が介在していたことを立証する必要がなくなる。

スウェーデン国立の犯罪防止対策協議会によると、同国では近年、レイプが増加し続け昨年は前年比で10%増を記録。今回の新法がこの傾向に歯止めをかける可能性を期待した。

国際人権組織「アムネスティ・インターナショナル」の女性の権利問題の担当者は、変革を求め過去10年以上たゆみなく運動を続けてきたスウェーデンの活動家にとっては大きな勝利と歓迎。道のりは依然遠いとしながらも、同国の今回の措置が欧州全域で法制化などの面でうねりを生じることへの期待を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]