小型トラックが群衆に突入 2人死亡、容疑者自殺 ドイツ

現場に派遣された消防当局者

現場に派遣された消防当局者

(CNN) ドイツ北西部の都市ミュンスターで7日、小型トラックが群衆に突っ込み、2人が死亡、20人が負傷した。警察の報道官によると、運転していた男は銃で自殺した。またトラックの中から不審物が見つかり、詳しく調べているという。

地元当局者は、ドイツ人の容疑者による故意の攻撃との見方を示した。イスラム過激派とのつながりは見つかっていないが、容疑者の身元について詳しい捜査が続いていると述べた。

現場は狭い道路が入り組んだ旧市街の一角。この日は春の訪れを感じさせる暖かい晴天となり、多くの人々でにぎわっていた。トラックは午後3時半ごろ、レストランのオープンテラスに突っ込んだという。

メルケル首相は「深い衝撃を受けている」との声明を出し、詳しい捜査と遺族らの支援に全力を尽くしていると述べた。

ミュンスターには多くの大学があり、人口30万人のうち学生が約5万8000人を占める。自転車に乗る人が多い都市としても知られている。

ちょうど1年前のこの日にはストックホルムでトラックが歩行者らに突入し、5人が死亡する事件があった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]