シリアに派遣のロシア人民兵、米軍の空爆で死亡

2018.02.14 Wed posted at 09:36 JST

[PR]

(CNN) 米軍がシリア北部で7日に行った空爆で死亡した100人あまりの男性の中に、ロシア人民兵数人が含まれていたことが分かった。家族や友人が明らかにした。

関係者によると、死亡したのはロシアの民間企業ワグナーに採用された民兵で、ロシア軍とシリア政権軍を応援するためシリアに派遣されていた。

死亡した1人、ウラジミール・ロジノフ氏(51)は、超国粋主義集団コサックのメンバーで、ウクライナ東部の戦闘にも参加したことがあった。同氏が所属する団体も、ロジノフ氏が7日に死亡したことを確認した。

CNNは、ほかにもこの日の空爆で死亡したロシア人少なくとも3人の氏名を確認した。

米当局者によると、この日は米軍が支援するシリア民主軍(SDF)の基地が砲撃されたことを受けて米軍が空爆を行い、100人あまりを殺害したという。

死亡した別のロシア人、キリル・アナニエフ氏の友人は、ワグナー部隊が米軍に砲撃されてアナニエフ氏が死亡したと話している。アナニエフ氏は1年ほど前からシリアに派遣されていたという。

地元の関係者によると、死者のほとんどは、シリア・スカイラビーヤのキリスト教民兵集団のメンバーだった。同地ではこのほど約30人の集団葬儀が行われたという。同集団はシリア政権を支持しており、現地では「ISISハンター」を自称していた。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]