マララさん、ロヒンギャ問題でスーチー氏の「沈黙」を批判

2017.09.05 Tue posted at 12:01 JST

[PR]

(CNN) 史上最年少でノーベル平和賞を受賞したパキスタン出身のマララ・ユスフザイさん(20)はこのほど、ミャンマーで報告されている少数派イスラム教徒ロヒンギャの人権侵害をめぐり、同国のアウンサンスーチー国家顧問が沈黙を続けていると非難する声明を出した。

マララさんは声明で、ロヒンギャの「痛ましく恥ずべき扱い」を数年前から非難してきたと振り返り、ミャンマーの事実上の政権トップで同じノーベル賞受賞者でもあるスーチーさんが「同じように非難してくれるのを待っている」と強調。「ロヒンギャの人々も待っている」と呼び掛けた。

ロヒンギャの人々の苦難に心を痛めていると述べ、「何世代にもわたり暮らしてきたミャンマーが祖国でないとしたら、祖国はどこにあるのでしょう。生まれた国であるミャンマーが市民権を与えるべきです」と訴えた。

さらに、ミャンマーの隣国バングラデシュがロヒンギャ難民に食糧や避難場所、教育を提供していることを指摘し、「私の母国パキスタンを含め、他国はバングラデシュを見習うべき」と述べている。

マララさんは、女子が教育を受ける権利を主張してイスラム武装勢力タリバーンの銃撃を受け、奇跡的な回復を遂げた。2014年にノーベル平和賞を受賞し、先月には英国の名門オックスフォード大学に合格したことを発表していた。

メールマガジン

[PR]