春祭りの楽隊にバス突っ込む、38人死亡 ハイチ

2017.03.13 Mon posted at 11:42 JST

[PR]

(CNN) カリブ海の島国、ハイチ北部の路上で12日早朝、春祭りの楽隊にバスが突っ込み、少なくとも38人が死亡、13人が負傷した。

同国では毎年、キリスト教の復活祭(イースター)前のこの時期に「ララ」と呼ばれる春祭りが開催され、毎晩多くの楽隊が路上に繰り出す。

バスは北岸の都市カパイシャンから首都ポルトープランスへ向かっていた。北東部沿岸のゴナイブ近郊で祭りの人出に遭遇して2人の歩行者をはね、このうち1人は即死した。

バスはそのまま数キロ先まで走った後、路上で演奏していた3つの楽隊に次々と突っ込んだ。

運転手はバスから降りて逃走し、当局が行方を追っているという。

地元の住民らによると、バスは死傷者らが下敷きになった状態で停止した。

乗客を乗せたままのバスに怒った群衆が火をつけようとしたが、警官らが制止したという。

メールマガジン

[PR]