イタリア中部でM6.6の地震 20人負傷、教会が倒壊

イタリア中部でM6.6の地震

(CNN) イタリア中部で30日午前7時40分(日本時間同午後3時40分)ごろ、マグニチュード(M)6.6の地震が発生した。震源近くに建っていた教会などが倒壊し、少なくとも20人が負傷した。

米地質調査所(USGS)によると、震源は中部ノルチャの北約6キロ、震源の深さは10キロ。救急当局によると、ノルチャ市内でがれきの中から6人が救出された。市内の観光名所、聖ベネディクト教会は正面の一部を残して倒壊した。

今年8月には約80キロ南方で大きな地震があり、300人近い死者が出ていた。この時に避難所や政府提供のホテルに退去したまま帰宅していない住民も多く、30日の地震で死者は報告されていない。ただし一部の村落では交通が遮断され、被害の全容が明らかになっていない。

今月26日にもM5.5とM6.1の地震が観測されていた。CNNの気象専門家は、この2回が30日の本震に先立つ前震だったとの見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]