カナダ、シリア難民2万5000人受け入れへ

カナダ政府がシリア難民2万5000人の受け入れ計画を発表した

カナダ政府がシリア難民2万5000人の受け入れ計画を発表した

オタワ(CNN) カナダのトルドー新政権は24日、今後3カ月のうちにシリア難民2万5000人を受け入れる計画を発表した。

マッカラム移民・難民・市民権相は同日の記者会見で、来年の4カ月目以降もさらに難民の受け入れを続けると述べた。

政府の受け入れ事業では家族連れや性的少数者をはじめとする社会的弱者を優先し、単身の男性は当面対象外とする。ただし単身者も来年以降に改めて申請したり、民間のプログラムに応募したりすることは可能とされる。

トルドー首相は選挙戦で、年末までに2万5000人の難民を受け入れるとの公約を掲げていた。運用上、安全上の問題で、期限を多少遅らせることになったという。

トルドー氏は公共放送CNCとのインタビューで、パリの同時多発テロが国民感情に影響を及ぼしていることを認めた。

同氏によれば、難民がヨルダンやレバノン、トルコなどからカナダ行きの飛行機に搭乗する前に、現地で全ての保安検査を済ませる方針が決まった。同氏は「カナダへやって来る難民の家族が恐怖でなく、歓迎の空気で迎えられるようにしたい」と強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]