墜落事故から母子4日ぶり救出、母が乳児守り抜く コロンビア

母親の意志の力で生還

(CNN) コロンビア西部の密林に小型機が墜落する事故があり、乗客として乗っていた19歳の女性と生後5カ月の息子が24日、事故発生から4日ぶりに救出された。

コロンビア空軍によると同機は20日、西部チョコ県の空港を離陸してから15分後の午後1時ごろに墜落して炎上。マリア・ネリー・ムリジョさん(19)は足首の骨折ややけどなどの重傷を負いながら、息子を連れて脱出した。

操縦士は墜落の衝撃で死亡。21日の捜索で遺体と機体の残骸が見つかった。墜落原因は調査中だが、客室の損傷が少なかったためにムリジョさん母子は助かったとみられる。

ムリジョさんは捜索の手がかりとしてもらうため、子どもの出生証明書や自分の携帯電話、パイロットの財布などを現場に残して避難。捜索ヘリコプターの音を聞いて現場付近に戻り、無事救出された。発見されるまでの4日間、息子に母乳を飲ませ、自身はココナッツの汁を飲んで生き延びていたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]