ネパール地震 15歳少年を5日ぶりに救助

120時間ぶりに少年を救出 ネパール地震

カトマンズ(CNN) 大地震から6日目を迎えたネパールの首都カトマンズで30日、15歳のペンバ・タマンさんが倒壊した建物のがれきの下から救出された。

救出にあたったネパール武装警察によれば、タマンさんは意識があり、見た限りでは大きなけがもないという。オートバイの陰になっていたおかげで、コンクリートや鉄に押しつぶされずに済んだらしい。

タマンさんは点滴を受け、イスラエルの救助隊が運営している仮設の救急病院に運ばれた。

5時間続いた救助活動のきっかけは、がれきの下からタマンさんの声が聞こえたことだった。

近くにいた米救助隊も救助犬や工具、がれきの下を調べる高性能カメラなどを手に駆けつけ、救出に協力した。

現場はコンクリートの破片が鉄筋からぶら下がっているなど非常に危険な状態。米救助隊の責任者は「建物がこんな状態なのにまさに奇跡だ」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]