エボラ熱死者、5千人を突破 来月に治療薬の臨床試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シエラレオネなど西アフリカではエボラ出血熱が依然猛威を振るっている

シエラレオネなど西アフリカではエボラ出血熱が依然猛威を振るっている

(CNN) 世界保健機関(WHO)は14日、西アフリカ諸国で猛威を振るうエボラ出血熱の死亡者が5177人に達したとの情報があると報告した。

WHOの公式サイトによると、流行が始まって以降の感染者数は疑い例も含め計8カ国で1万4413人。いずれも今月11日時点での数字となっている。

感染者の大半は、ギニア、シエラレオネにリベリアの西アフリカの3カ国で出ている。シエラレオネでは感染の拡大が止まらず、ギニアとリベリア両国でも感染の危機は去っていない。マリでは死者3人、感染者1人が報告された。

一方、国際医療援助団体「国境なき医師団」は16日までに、西アフリカで来月、エボラ熱治療薬の臨床試験を開始すると発表した。ギニアとリベリアの3カ所にある治療センターで実施する。

リベリアの首都モンロビアの治療センターでは患者に抗ウイルス剤「ブリンシドフォビル」を投与。ギニア南部にあるゲケドゥ町では「ファビピラビル」を使う予定。

また、ギニアの首都コナクリでは回復患者の血液を用いた治療法を試す。この方法はWHOが推奨している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]