セネガルで初のエボラ熱感染者 西アフリカで5カ国目

エボラウイルス=CDC提供

エボラウイルス=CDC提供

(CNN) 西アフリカのセネガルで、同国初のエボラ出血熱感染者が確認された。地元メディアが29日に伝えた。西アフリカでエボラウイルスの感染が確認されたのは、セネガルで5カ国目となる。セネガルは1週間前から、エボラウイルスの感染拡大を恐れて、ギニアとの国境を封鎖していた。

セネガルのアワ・マリー・コール・セック保健相によると、隣国ギニアのコナクリ大学の21歳の男子学生がエボラウイルスに感染し、セネガルの首都ダカールの病院に隔離されたという。

地元メディアによると、ギニア当局は27日にセネガル政府に対し、その学生の行方が分からなくなったことを通知したという。その後、同学生が健康診断のため病院を訪れたため、隔離したとしている。ただ、学生に出血の兆候は見られず、容体も安定しているという。

セネガルは21日、過去最大の死者が出ているエボラ出血熱の流行拡大を恐れ、ギニアとの国境を封鎖し、ギニア、シエラレオネ、リベリアからの航空機や船の入国を禁止した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]