ガザ戦闘、国連の学校攻撃続く、死傷者 避難施設に運用

イスラエルとハマスが非難の応酬

ガザ市(CNN) パレスチナ自治区ガザでの軍事衝突で自治政府の保健省は30日、ガザ北部にあり住民の退避施設ともなっている国連運営のアブ・フセイン学校をイスラエル軍が同日朝、砲撃し少なくとも20人が死亡したと発表した。

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は31日、北部ベイトラヒヤにある女子学校近くでも砲弾の着弾があったとも報告した。死者は出ていないが、8人が負傷した。同機関の報道担当者は、戦闘を逃れた住民が避難している同校が標的の攻撃ではなかったと見ている。

30日に砲撃を受けたジャバリヤ難民キャンプ内の学校には住民ら約3000人が身を寄せていたという。国連は死者数は判明していないと述べたが、UNRWA報道官は、寝入っていた子どもが死亡したとし、全世界にとって不名誉な事件と主張した。

国際人権擁護団体のアムネスティ・インターナショナルはUNRWAは避難施設の場所などについてイスラエル軍に17回にわたって伝えており、ジャバリヤでの学校攻撃は戦争犯罪に等しいと主張した。

一方、イスラエル軍の報道担当者は敵戦闘員が同学校からイスラエル軍に発砲したと反論。兵士が銃撃の発生場所に応戦したとし、国連関連施設を使ったハマス側の罪をとがめた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]