鳥インフル「H5N6型」で初の死者 中国

中国では昨年、H7N9型ウイルスへの感染による死者が相次いだ

中国では昨年、H7N9型ウイルスへの感染による死者が相次いだ

香港(CNN) 中国・四川省の衛生当局は、同省南充市の男性(49)が鳥インフルエンザの「H5N6型」ウイルスに感染し、6日に死亡したと発表した。H5N6型の人への感染、死亡が確認されたのは初めてとされる。

男性は重い肺炎の症状を訴え、のどの粘膜の検査でウイルスが検出された。死んだ鳥に接触していたという。

男性と身近で接触した人々に感染の兆候はみられない。専門家らは独立した症例と判断し、人から人への感染の可能性は低いとの見方を示した。

台湾の中央通訊社(CNA)によると、台湾当局は住民に対して鳥との接触を避け、四川省への旅行を控えるよう警告を発した。

H5N6型ウイルスはこれまでにドイツ、スウェーデン、米国の鳥から見つかったが、人への病原性は低いとみられていた。

中国では昨年3月、H7N9型の人への感染が初めて報告された。世界保健機関(WHO)によると、H7N9型では今年2月までに中国を中心に367人の感染、115人の死亡が確認されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]