3歳児も冷酷に殺害、大人2人と共に マフィアか 伊南部

フランシスコ法王も男児の殺害に衝撃を受け、礼拝で信者に祈りを求めた

フランシスコ法王も男児の殺害に衝撃を受け、礼拝で信者に祈りを求めた

男児の母親(24)は麻薬保持や密売で禁錮4年の刑を受け、2度目の服役を開始したばかりだった。4歳と5歳の子どももおり、事件発生を受け国内の別の地方で保護下に置かれた。母親はこの子ども2人と一緒に生活するため自宅軟禁処分が許され、残りの刑期を務める見通し。

イタリア議会の反マフィア委員会の責任者によると、母親の麻薬保持などにはヌドランゲタが関与していた。母親は殺された息子の葬儀には出なかったが、警察は出席すれば、ヌドランゲタの標的になることを危惧(きぐ)していた。

3歳児の殺害事件は、貧困層が多いとされる同国南部で犯罪組織の巣くう社会の中で成長期を過ごす子どもの保護政策をめぐる論議も招いている。アルファノ・アンジェリーノ内相と国家警察長官は殺された男児名を持つ緊急法案の提案書に共同署名し、子どもの権利保護を要求した。

また、カラブリア州政府の責任者は国の未成年者の権利監視団体に書簡を送り、今回殺された男児のように危険な環境にある子どもの将来を守る方法の構築に真剣に取り組むよう促した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]