米マクドナルド店舗でヘロイン密売、合い言葉は「おもちゃ」 検察

米マクドナルド店舗でヘロイン密売 当局

(CNN) 米東部ペンシルベニア州の検察当局は29日、ハンバーガーチェーン大手マクドナルドの店でヘロインを密売していた女性店員(26)を逮捕したと発表した。

犯行現場は同州ピッツバーグ市にあるドライブスルー方式の店で、おとり捜査員が同社の製品「ハッピー・ミール」のボックスの中にヘロインが入った小さな包み袋10個があるのを見付けた直後、逮捕した。

検察当局の声明によると、その後の関連捜査で同じ包み袋50個と少量のマリフアナも押収した。

検察当局によると、ヘロインを求める客は同店で「おもちゃを注文したい」と告げるよう指示され、指定の窓口へ行くとハッピー・ミールのボックスを手渡されていたという。

同容疑者は麻薬所持や引き渡しの意図を持った上での麻薬所持など複数の罪に問われている。

同店はCNNの問い合わせにコメントを拒否している。

ペンシルベニア州西部では現在、純度の高いとされるヘロイン密売の事件が起きているが、マクドナルド店での今回の摘発とは無関係とみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]