ロシアで旅客機墜落、乗員乗客50人全員死亡

ロシア中部タタルスタン共和国の首都カザニで飛行機の墜落事故が発生

ロシア中部タタルスタン共和国の首都カザニで飛行機の墜落事故が発生

(CNN) ロシア中部タタルスタン共和国の首都カザニで17日午後7時25分ごろ、乗員6人、乗客44人を乗せた旅客機が墜落した。非常事態当局の報道担当者は同日、生存者はいないと述べた。

ロシア国営RIAノーボスチ通信によると、搭乗者には連邦保安局(FSB)の地方トップや同共和国大統領の息子も含まれていた。

墜落機はタタルスタン航空、モスクワ発カザニ行きのボーイング737型機で、着陸直前に墜落したとみられる。ロシアの州際航空委員会(IAC)が墜落原因の調査を開始し、米国家運輸安全委員会(NTSB)がこれに協力している。

同機は23年前に製造され、これまでに仏エールフランス、ウガンダ航空、ブルガリア航空など少なくとも8社での運航を経ていた。昨年11月にはカザニからモスクワに向けて飛行中、客室の気圧が下がって引き返したとの記録がある。

ロシアでは2011年、旧ソ連時代の旅客機が墜落してプロのアイスホッケーチームのメンバー全員が死亡した事故などを受け、当時大統領だったメドベージェフ首相が抜本的な安全対策の必要性を訴えていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]