フィリピンの巨大台風、死者1000人以上か 赤十字

「まるで津波」 フィリピンの巨大台風

(CNN) フィリピン中部の島を横断した超大型の台風30号(ハイエン)の被害で、同国での死者数は1200人に達する恐れがあると推定される。同国の赤十字職員が述べた。

9日の早い段階で、犠牲者は甚大な被災地とされるレイテ島タクロバン市だけで100人以上に達する恐れがあるとし、路上に遺体が散乱していると発表されていた。

死者が100人以上との数字はタクロバン市の民間航空行政当局幹部が無線で連絡してきた。

CNN記者は9日、首都マニラを出発した軍貨物機に同乗しタクロバン市の現状を目撃したが、「津波に襲われたような惨状」と報告した。空港のターミナルビルは完全に破壊されているという。

台風30号はフィリピンを襲った台風では最大規模の勢力とされる。

通信や交通網が遮断もしくは乱れており、タクロバン市を含めた被災地での救援作業が進めば犠牲者が激増する恐れがあるとされている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]