尖閣諸島巡る日中対立、解決の道遠く

尖閣諸島(中国名・釣魚島)を巡る日中の争いが続いている

尖閣諸島(中国名・釣魚島)を巡る日中の争いが続いている

東京(CNN) 東シナ海の尖閣諸島(中国名・釣魚島)を巡って日本と中国の対立が続いている。どちらも引き下がろうとしない「チキンレース」に、終わりが見える気配はない。

幸いなことに争いは非難の応酬にとどまっているものの、双方の船舶や戦闘機が不穏な動きを繰り返すなど、一触即発の状態が続く。

両国は10月23日、日中平和友好条約の発効から35周年の節目を迎えた。祝賀ムードが高まらなかったのも無理はないが、これは緊張緩和への道を探る良い機会かもしれない。

対話を後押しするためには、日本の安倍晋三首相と中国の習近平(シーチンピン)国家主席の首脳会談を設定するなどして双方の納得できる着地点を見つける必要がある。

だが非難の応酬を鎮め、首脳会談を開くまでの道のりは遠そうだ。

習主席は尖閣問題での日本の態度を攻撃的だと非難し、10月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)では韓国の朴槿恵(パククネ)大統領とともに安倍首相との首脳会談を断った。安倍首相は靖国神社参拝を見送ることで歩み寄りの姿勢を示したが、中国側は強硬姿勢を崩さない。首相は年内に参拝する見通しとされ、こう着状態からの出口は遠のくばかりだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]