着陸失敗のアシアナ機、死亡した2人は中国のパスポート所持

2013.07.07 Sun posted at 14:00 JST

[PR]

(CNN) ソウル発の韓国アシアナ航空214便が米サンフランシスコ国際空港で6日着陸に失敗して炎上した事故で、当局は死亡した2人を含む、乗員乗客307人全員を確認したと明らかにした。

消防当局によれば、死亡した2人は機体の外で見つかった。韓国国土交通省によると、2人とも中国のパスポートを所持していたという。

残りの305人については、空港や地元病院で手当てを受けるなどしている。

乗客の1人はCNNの番組に電話で出演し、「機体が急に落ち込んだ」「全員の頭が天井に向かって跳ね上がった」など、当時の様子を語った。

現場からの映像は、機体から黒煙があがる模様を伝えている。胴体部分が地面についた状態で、尾翼が失われ、機体上部が焼失している。

管制との通信記録によると、同機から着陸時にトラブルが報告され、管制官が緊急車両を出動させると伝えていた。近くのホテルにいた目撃者はCNNに「破裂音の直後に機体の下側から大きな火の手が上がった」と話した。

メールマガジン

[PR]