スーダン、裁判官に手足切断刑の執行訓練を実施か

これに対し、スーダン国内や国際社会の人権活動家らが大々的なキャンペーンを実施。その結果、この2人の母親は無事解放されたものの、このような幸運にめぐり合えない人は多い。

スーダンではほとんど毎日、微罪で起訴された人が略式裁判を受けて有罪とされ、むち打ちの刑を受けている。20~100回もむちで打たれる刑の多くは公開の場所で行われ、非人間的で侮蔑的であり、拷問に近いこともある。

これらの刑は、スーダン政府が順守を誓った国連自由権規約をはじめとする国際人権法に明らかに違反する。

憲法の見直し作業を進めている中、スーダン政府が国際法を順守し、身体刑や死刑の問題に最優先で対応することは避けられないだろう。

悲惨な刑罰が停止され、二度と執行されないように、法が適用され尊重される必要がある。

本記事は、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルのアフリカ地域のプログラムでディレクターを務める、ネットサネット・ビレー氏によるものです。記事における意見や見解は全てビレー氏個人のものです。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]