山中教授らにノーベル医学生理学賞 iPS細胞研究

(CNN) スウェーデンのカロリンスカ医科大は8日、2012年のノーベル医学生理学賞を、京都大の山中伸弥教授(50)と英ケンブリッジ大のジョン・ガードン教授(79)に贈ると発表した。

様々な細胞になりうる能力をもったiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り出すことに成功し、再生医療への新しい道を開いた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]