ネバダ大学銃撃事件、容疑者は67歳の大学教授 ラスベガスと陰謀論に関心か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
銃撃事件後に駆けつけた学生の家族ら=6日、米ネバダ大学ラスベガス校/Ronda Churchill/AFP/Getty Images

銃撃事件後に駆けつけた学生の家族ら=6日、米ネバダ大学ラスベガス校/Ronda Churchill/AFP/Getty Images

(CNN) 3人の犠牲者を出した米ネバダ大学の銃撃事件で、死亡した容疑者は67歳の大学教授だったことが分かった。ネット上の行動からは、ラスベガスや陰謀論に強い関心をもっていた様子がうかがえる。

捜査関係者によると、死亡したのはアンソニー・ポリト容疑者(67)。事件は6日、ラスベガスにあるネバダ大学のキャンパスで発生し、捜査当局は、容疑者が大学の建物前で警察に阻止されて死亡したと発表していた。

この事件で64歳の教授と39歳の助教など3人が殺害され、当局は殺人事件として捜査している。

動機については、ポリト容疑者がネバダ大学の求人に応募して採用されなかった可能性があるとみて調べている。

本人がSNSに掲載していた経歴によると、ポリト容疑者はジョージア州とノースカロライナ州の学校勤務を経て、直近では2017年までノースカロライナ州のイーストカロライナ大学で常勤の教授として勤務していた。

「米国の銃問題」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]