セオドア・ルーズベルト元大統領像、NY市の博物館から撤去 人種差別批判で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカ自然史博物館前に立っていたセオドア・ルーズベルト第26代米大統領の像が撤去された/Caitlin Ochs/Reuters

アメリカ自然史博物館前に立っていたセオドア・ルーズベルト第26代米大統領の像が撤去された/Caitlin Ochs/Reuters

(CNN) 米ニューヨーク市のアメリカ自然史博物館前に80年近くの間置かれていたセオドア・ルーズベルト第26代米大統領の銅像が、人種をめぐる批判の高まりを受けて撤去された。

銅像のルーズベルト元大統領は馬にまたがり、両脇に先住民の男性とアフリカ人の男性を従えていた。

同博物館の広報は20日、「歴史保全の専門家とともに、ニューヨーク市の複数機関の承認を得て」撤去作業を行ったとCNNに説明した。博物館前の広場の修復も伴うとしている。

撤去作業は18日に始まり、20日までに完了した。

同博物館は、黒人男性ジョージ・フロイドさんが警官に殺害された事件で世界的な抗議運動が巻き起こった後、2020年6月にルーズベルト元大統領像の撤去を求めた。米国ではフロイドさんの事件などをきっかけに、こうした像が相次いで撤去されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]