ジェファーソン像を議事堂から撤去へ、奴隷主だった過去受け 米NY市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューヨーク市議会議事堂に設置されたジェファーソン像=2010年7月/Richard Drew/AP

ニューヨーク市議会議事堂に設置されたジェファーソン像=2010年7月/Richard Drew/AP

(CNN) 米ニューヨーク市公共デザイン委員会は18日、市議会議事堂から「建国の父」のひとりであるトマス・ジェファーソンの像を撤去する決定を下した。移設を求める20年来の取り組みが成功裏に終わることになった。

同市が収蔵するパブリックアート作品を管轄する公共デザイン委員会は同日、「黒人・ラテン系・アジア系市議会議員団」の要請を受けて採決を行い、賛成8票、反対0票でジェファーソン像が移設されることになった。

市議会のイネス・バロン議員は同日、公共デザイン委員会に対し、ニューヨーク歴史協会が運営する博物館にこの像を移設するという提案は、市議会議員による20年来の努力が実を結ぶものだと語った。

ジェファーソン像の歴史は、ダビッド・ダンジェによって制作された1833年にまでさかのぼり、1915年からは市議会議事堂の一角に設置されていた。

バロン議員は、米国建国の父であり、かつ奴隷の所有主だったジェファーソンの像について、統治のためにニューヨーク市民が集まる場には不適切なものだと指摘。

部屋の左手にジェファーソンの像が見える/ Andy Katz/Pacific Press/LightRocket/Getty Images
部屋の左手にジェファーソンの像が見える/ Andy Katz/Pacific Press/LightRocket/Getty Images

バロン議員は「我々は歴史修正主義者ではない。我々は歴史に関する戦争に従事しているのではない」とし、「我々はきちんと総合的に話が物語られるようにしたいと訴えているのだ」と述べた。

先の議員団で共同議長を務めるエイドリアン・アダムズ議員は委員会での説明の際、「トマス・ジェファーソンは600人超の奴隷の所有主だった」と指摘。「私のような外見の人間は本質的に劣っており、知性に欠け、自由や権利に値しないと根っから信じていた奴隷主に敬意を表する像が置かれている場所に座っていると考えると、私は非常に落ち着かない気持ちになる」と述べていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]