州立公園で男児の遺体発見、先月から行方不明の5歳児か 米東部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ニューハンプシャー州で行方不明になっていた5歳の男児とみられる遺体が見つかった/Marc Vasconcellos/The Enterprise/AP

米ニューハンプシャー州で行方不明になっていた5歳の男児とみられる遺体が見つかった/Marc Vasconcellos/The Enterprise/AP

(CNN) 米東部マサチューセッツ州の検察当局は23日、隣接するニューハンプシャー州で先月から行方不明になっていた5歳の男児とみられる遺体が見つかったと発表した。

当局の発表によると、男児の遺体は同日午前、ボストンの南東約30キロに位置する州立公園で見つかった。「墓穴」の中で土に覆われていた遺体を、捜索犬がかぎ当てたという。

男児が姿を消したニューハンプシャー州メリマックの警察は、14日から捜索を開始していた。当局にはそれまで男児の行方不明が報告されていなかった。複数の証言から、実際には先月1日から行方が分からなくなったことが判明している。

検察によると、男児の母親(35)と交際相手の男(30)が17日、子どもを危険にさらした容疑と証人に干渉した疑いで逮捕された。両容疑者は、児童保護当局が男児を捜していると知ったうえで、周囲の人々に対し、男児の居場所などをめぐりうそをつくよう頼んだとされる。

マサチューセッツ州当局による司法解剖が24日に予定されている。

当局は死因を特定し証拠を精査した後に、さらなる訴追について決定するとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]