郵便局従業員が撃たれて死亡、2日間で3人目 米

米コロラド州ロングモントの銃撃事件に対応する地元警察ら/KUSA

米コロラド州ロングモントの銃撃事件に対応する地元警察ら/KUSA

(CNN) 米コロラド州ロングモントで13日、米郵政公社(USPS)の従業員が撃たれて死亡した。警察が明らかにした。

USPSの従業員が殺害されるのは2日間で3人目。12日にはテネシー州メンフィスの郵便施設でUSPSの従業員2人が銃で殺害されていた。米連邦捜査局(FBI)によれば、メンフィスの事件の容疑者もUSPSの従業員だった。

警察によれば、ロングモントの事件では、近隣の郵便箱の前でUSPSの従業員1人が撃たれているとの通報が警察に入った。従業員は現場で死亡した。

目撃者によれば、容疑者は黒っぽい衣服で青いマスクを着用しており、走って逃げたという。

郵政監察局が捜査に加わった。

CNN提携局WMCによれば、メンフィスでは13日、多くの従業員が仕事に復帰した。

当局はいずれの犠牲者についても氏名を公表していない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]