米テネシー州のスーパー銃乱射、容疑者に退職勧告

米テネシー州のスーパーマーケットで起きた銃乱射事件で、容疑者が当日の朝に勤務先から退職を促されていたことが分かった/Joe Rondone/The Commercial Appeal/USA Today/Reuters

米テネシー州のスーパーマーケットで起きた銃乱射事件で、容疑者が当日の朝に勤務先から退職を促されていたことが分かった/Joe Rondone/The Commercial Appeal/USA Today/Reuters

(CNN) 米テネシー州メンフィス近郊の町コリアービルにあるスーパーマーケットで23日に起きた銃乱射事件の容疑者は、当日の朝に勤務先から退職を促されていたことが分かった。地元警察が27日に明らかにした。

事件では少なくとも1人が死亡し、14人が負傷した。発表によると、銃を乱射した容疑者(29)は昨年夏からコリアービルに住み、外部の業者からこのスーパーに派遣されていた。

警察は電子データの証拠や現場の車、目撃者らの証言を基に捜査を進めてきたが、詳細は捜査完了後まで公表できないとしている。

調べによると、店内には当時、44人の従業員がいた。買い物客1人が死亡した。容疑者は従業員10人と客5人を撃った。負傷者のうち4人は現在もメンフィス市内の病院に入院中だが、容体は安定しているという。

容疑者本人は警察が駆け付けている間に銃で自殺したとみられ、遺体で発見された。

スーパーでの銃乱射事件は3月にコロラド州ボルダーでも発生し、10人が死亡。4月にはニューヨーク州のスーパーで1人が死亡していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]